ruzyu.com_PC_In_main_top_468_60

ruzyu.com_SP_In_head_320_100

YouTubeの埋め込みで指定位置から途中再生させる方法

投稿日:2015/08/26 更新日:

YouTubeの動画をブログやホームページに埋め込む際に、動画の再生位置を指定して、途中から再生する方法をご紹介します!

YouTubeの「埋め込みコード」にある動画IDの後ろに「?start=秒数」を入れる

まず、YouTubeから埋め込みたい動画のページを開き、「共有」から「埋め込みコード」をクリックして、埋め込み用のコードを取得するところまでは通常の流れと変わりません。

例として、AKB48の『ヘビーローテーション』公式ミュージックビデオを使って解説します。

▼普通に「【MV】 ヘビーローテーション / AKB48 [公式]」を埋め込んだ場合

コードは以下のようになっています。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/lkHlnWFnA0c" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

このコードにある動画IDの後ろに「?start=秒数」を入れると、再生位置を指定することができます。

秒数は1分を60秒とし、例えば2分5秒から再生させたい場合、2分=60秒×2=120秒+5秒=125秒となります。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/lkHlnWFnA0c?start=125" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

▼再生位置を2分5秒(125秒)から指定して埋め込んだ「【MV】 ヘビーローテーション / AKB48 [公式]」

2分5秒から再生されますね!

埋め込みコードのオプションを変更した場合

YouTubeの埋め込みコードでは、いくつかのオプションがあり、例えば、動画の再生が終わった後に関連する動画を表示させたくない場合、設定を変更できます。

変更方法は、「共有」から「埋め込みコード」までは前述と同じで、そこからさらに下にある「もっと見る」ボタンをクリックします。

そうすると、下の方にチェックボックスがいくつかあり、「動画が終わったら関連動画を表示する」のチェックを外すと以下のようなソースになります。

 

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/lkHlnWFnA0c?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

?rel=0」が追加されています。

 

このまま、先ほどの例で言うと「?start=125」を続けて記述すれば良いと思いますが、そのまま追記しても、指定した位置で途中再生になりませんので、以下のようにする必要があります。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/lkHlnWFnA0c?rel=0&start=125" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

先ほどは「?」だった箇所を「&」にすれば動作するようになります。

 

▼上記のソースの通り「動画が終わったら関連動画を表示する」のチェックを外して、かつ、2分5秒後からの再生を指定した例

2分5秒後から再生され、動画の終了時に関連動画が出ないですね!

思った通りに動かなくてハマりやすいパターンですのでご注意ください。

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

-Webサイト運営

© 2014-2017 Webサイト運営