ruzyu.com_PC_In_main_top_468_60

ruzyu.com_SP_In_head_320_100

WordPressでブログを構築する際の設定・カスタマイズ例:【3】ウェブマスターツール、Google アナリティクスの設定(本ブログの場合)

投稿日:2014/12/27 更新日:

本記事は、シリーズ企画『WordPressでブログを構築する際の設定・カスタマイズ例』の【3】です。

今回は『Google ウェブマスターツール』、『Google アナリティクス』の設定についてご紹介します。

シリーズの記事はこちらです。

WordPressでブログを構築する際の設定・カスタマイズ例(本ブログの場合)
【1】サーバー契約から基本設定まで
【2】WordPressのプラグイン設定13種
【3】ウェブマスターツール、Googleアナリティクスの設定(本記事)
【4】テーマ(外観)の設定からページ調整まで
【5】TwitterやFacebookなどのSNS設定

【3】-1:Google ウェブマスターツールの設定

Google ウェブマスターツール(頭文字からWMTとも呼ばれる)は、Googleが提供しているウェブマスター(Web管理者)向けのツールです。

このツールの主な利用目的は以下の3点です。

  1. 自分のWebサイトがGoogleからどのように評価、扱われているかを確認できる
  2. Googleのポリシー違反等があった場合に、Googleからのメッセージを確認できる
  3. ウェブマスター側からGoogleに対して、様々なアクションができる

本ブログは、シリーズ記事【4】でご紹介しますが、『Simplicity』という無料のWordPressテーマを利用しています。

Simplicityでウェブマスターツールの設定に関しては以下のブログが詳しいです。
SimplicityカスタマイズメニューからGoogleウェブマスターツールの所有者確認をする方法

その他、ウェブマスターツールについては以下のページが詳しいのでご参考ください。
ウェブマスター ツール ヘルプセンター
ウェブマスター ツールとは - Google Help
2014年最新版!ウェブマスターツールの使い方

【3】-2:Google アナリティクスの設定

Google アナリティクスは無料で使えるアクセス解析ツールです。いつ、どこからどれだけのアクセスがあったか、ユーザーがどのような流れでページを閲覧しているか等がわかります。

Google アナリティクスはウェブマスターツールと連携することで、使い勝手やできることが増えるので、まず、ウェブマスターツールを設定してからGoogle アナリティクスの設定時に連携の設定をするとスムーズです。

このウェブマスターツールとの連携の他、デフォルトだと取得できないユーザー属性を取得する方法や、通常の使い方以上の設定に関して、以下3点を記しておきます。

1. ユーザーの年齢や性別、興味についてのデータを取得する設定

これらのデータはデフォルトだと取得できないため、別途設定する必要があります。

このブログ同様に、WordPressテーマ『Simplicity』をご利用の際の設定方法については、以下のブログ記事が詳しいです。
SimplicityのGoogleアナリティクス設定を「ユーザー属性とインタレストカテゴリレポート」に対応させる方法

Google アナリティクスのユーザー属性に関する詳細な説明は以下のブログ記事が詳しいです。
Google Analyticsを学ぶ 第4回 ユーザー属性 前編

なお、どうしてGoogleがユーザーの属性がわかるのか、という点については、Googleの広告出稿サービスのAdWords(アドワーズ)のヘルプの真ん中くらいにある「Google が属性情報を識別する方法」をご参照ください。
ユーザー属性に基づくターゲティング

2. ウェブマスターツールと連携する設定

Google アナリティクスとウェブマスターツールを連携すると、例えば、「WordPress」というキーワードでアクセスがあった際に、通常ではアクセス数が表示されます。

ウェブマスターツールと連携することで、平均の検索順位も合わせて確認できるなど機能が拡張されます。

ウェブマスターツールと連携する設定の詳細は以下のブログ記事が詳しいです。
Googleアナリティクスとウェブマスターツールを連携する方法

より高度な使い方をしたい場合は以下のブログ記事が詳しいです。
GoogleウェブマスターツールとGoogleアナリティクスを連携しないと利用できない2つのこと

なお、後述の「3」を先にすると、私の環境では設定が戻ったのでご注意ください。

3. ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする

こちらの機能は高度な使い方なので、通常の使い方ではスルーでも問題ありません。興味のある方のみ、以下のブログ記事がわかりやすいのでご参照ください。
「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」が上手く動作しない– Google Analytics

 

ツール系の設定は以上です。

 

シリーズ記事一覧はこちら。

WordPressでブログを構築する際の設定・カスタマイズ例(本ブログの場合)
【1】サーバー契約から基本設定まで
【2】WordPressのプラグイン設定13種
【3】ウェブマスターツール、Googleアナリティクスの設定(本記事)
【4】テーマ(外観)の設定からページ調整まで
【5】TwitterやFacebookなどのSNS設定

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

-WordPress

© 2014-2017 WordPress