ruzyu.com_PC_In_main_top_468_60

ruzyu.com_SP_In_head_320_100

小学生の苦手教科、算数を克服するには?

投稿日:2015/07/27 更新日:

うちの小学生、4年と2年の二人の息子が夏休みに入りました。

この夏休みに親が必ず関わらなければならないのが、大量に出される宿題です。

 

今の時代、丸付けは親の仕事で、理解していない部分を見つけ指導をするのも親の力が大きいところがあります。

上の4年生の息子の、最近の宿題の丸付けをして感じること、2年生くらいまでは算数で理解していない部分は全くなかったのですが、3年生くらいから授業だけでは理解していない部分が出てきているな、ということです。

小学生の苦手科目第1位は算数?

実は小学生の苦手教科の第1位って、算数なんだそうですね。

算数は5教科の中で一番難しいのですが、得意不得意がはっきりわかる教科で、逆にどこでつまずいているのかというのも、見えやすくもあるんです。

傾向としてですが、計算が遅い、間違いが多い中学生というのは、同様に他の教科も成績が低いらしく、親としては、見過ごせないところです。

算数が苦手な理由と対策

解き方を理解はしていても、計算間違いが多い、という子は、

  • 計算する時は、ゆっくり落ち着いて
  • 字をきれいに書く
  • 必ず見直しをする

ということに気をつけて、とにかく計算問題を数多く解くということで克服できます。

 

また、理解していないということを自覚していない場合もあります。

先生の話を聞いて、本当は理解していないのに、理解していると錯覚しているんです。

全く理解していないという訳ではなく、なんとなく理解しているから勘違いしてしまうんですね。

 

この場合、間違えてしまった問題を、先生や親から解説してもらって解くのと、自分で調べ納得して解くのとでは、理解が全然違います。

すぐに教えたくなる気持ちを抑え、まずは自力で解かせるようにして下さい。

つまずきポイントを知ることで、算数が得意科目に

算数は小学校6年間で、内容が繋がっているんです。

なので、理解していない単元があると続きの単元もやはり理解出来ないんです。

そして、学年が上がるごとに難しくなっていきますから、どこかでつまずいていると、6年生になる頃にはすっかり算数は苦手! ということになってしまうんですね。

 

では、小学生がどこでつまずいているのか、あげてみます。

  • 繰り上がり、繰り下がりの計算
  • 割り算
  • 分数
  • 図形
  • 割合

なんだそうです。

 

うちの長男はちょうど3年生の後半から、算数の間違いが目立ってきたので、図形、割り算あたりでつまずいているのかもしれません。

本当に理解しているか確認するには、同じ考え方だけど、応用をきかせた問題をやらせてみると一目瞭然ですね。

 

同じパターンなら解けるけど、ひねりが入ると解けないという場合、完璧には理解していない可能性が高いです。

どこでつまずいているのか知り、その単元を理解することで、苦手意識も消え、算数が楽しくなるに違いないですね!

この夏休み、うちの息子たちも理解度を見直してみます。

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

-育児

© 2014-2017 育児