ruzyu.com_PC_In_main_top_468_60

ruzyu.com_SP_In_head_320_100

夏の子どもの感染症対策!

投稿日:2015/07/29 更新日:

気をつけよう!夏の子どもの感染症

楽しい夏休み、花火大会やキャンプなど行事も目白押しです。

我が家の息子たちは野球少年ですから、練習や試合に明け暮れていますが、それでもやっぱり楽しい夏の思い出を作りたいものです。

楽しい夏休みを過ごすためには、健康が第一!

子どもに多く発症する感染症には気をつけなくてはいけません。

夏の感染症って具体的にどんな病気?

夏に子どもの間でよく流行してしまうのが「はやり目」です。

本名はウィルス性結膜炎と言います。

症状としては、目が腫れて大量の目やにが出ます。

目やにがひどく目が開かないこともあります。

 

小さい子どもほどかかりやすく、感染力も強いため、かかってしまうと二週間外出禁止となってしまいます。

一か月しかない夏休みで、二週間外出禁止はかなり辛いものがありますね…。

 

また、子どもの夏の風邪の代表が「プール熱」です。

プール熱の症状は、

  • 38度以上の発熱
  • 目の充血、目ヤニ
  • 喉の痛み
  • 5日間続く

など。

プールの水を媒介して感染することが多いので、こう呼ばれます。

夏の感染症、原因はタオル?

実ははやり目もプール熱も原因は、アデノウィルスが感染したものなんです。

今のところ特効薬はなく、感染者が触ったものなどを他の人が触っただけで感染するので、あっと言う間に広まってしまいます。

予防としては、日頃から休息などしっかり取って、免疫力を高めておき、もし感染してしまったら、濡れたタオルなどで菌が繁殖してしまうので、洗面所のタオルなどを家族で共有するのはやめましょう。

今年の流行りは手足口病

ニュースでもやっていましたが、今年は手足口病が大流行りしています。

こちらも予防はプール熱やはやり目と同じ、集団行動の中で何かを共有して使うのは、やめたほうがいいです。

 

発症してしまった時には、既に菌をばら撒いてしまっている状態ですから、日頃からのうがい・手洗いはしっかり行いましょう。

楽しい夏休み、感染症にかかってしまって思い出を作ることが出来なかった、なんてことにならないように、我が家も気をつけたいと思います。

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

-育児

© 2014-2017 育児