ruzyu.com_PC_In_main_top_468_60

ruzyu.com_SP_In_head_320_100

iタウンページのダウンロード方法。『賢早(けんさ)くん』でデータ取得をしてエクセルやCSVにする方法

投稿日:2015/08/24 更新日:

iタウンページから会社名や住所、電話番号データを取得し、ダウンロードする方法をご紹介します!

取得したデータはエクセルでも使えますし、CSVに変換して利用が可能です。

タウンページ検索『賢早(けんさ)くん』をダウンロード

iタウンページのデータをダウンロードするには、フリーソフトや有料のソフトを使ったり、有料の業者に依頼する、という主に3つの選択肢があります。

今回は無料で利用できる中から、自分で使ってみて出来たものをご紹介します。

フリーソフトの中でも、専用のツールとして作られたものと、今回ご紹介するエクセルのマクロ、VBAを使ったものに大別できますが、たまたまフリーソフトだとWindows7環境だと動作しなかったため、エクセルを使ったものになります。

プログラム名は『賢早(けんさ)くん』。iタウンページをエクセルを使ってダウンロードできます。

▼『賢早くん』のサポートページ

▼上記のページを少し下にスクロールして、「最新バージョン」から「Excel版ダウンロード」ボタンをクリック

Kingsoft Spreadsheets 2013 VBA対応版にも対応。ただし、Kingsoft Spreadsheets 2010 ではKingsoft版が必要。

▼ダウンロードすると圧縮されているので、解凍し、フォルダを開いたところ

  • readme.txt ⇒ プログラムの説明
  • 賢早くんR.xls ⇒ プログラム本体。エクセルで利用
  • 賢早くんRマニュアル.pdf ⇒ プログラムの詳細な使い方

の3ファイルがあります。PDFでの使い方が添付されているので分かりやすいです。

Windows7+Excel 2010、Windows XP+Excel 2003で動作確認済み

上記の2つの環境で動作テストをし、問題なくダウンロードまでできることを確認しました。

公式な動作環境は以下となっています。

OS:Windows 2000、XP、Vista、7、8、8.1
Excel:2000、2003、2007、2010、2013

iタウンページからデータを取得し、ダウンロードしてみた

▼まず「賢早くんR.xls」をダブルクリックすると、エクセルが立ち上がります。

▼メニュー画面

▼エクセルの「キーワード検索」シートに、例として、「業種検索」には“ラーメン店”「地域」には“北海道”を入力し、右下の「検索開始」ボタンをクリック

▼別シートで「検索結果」シートが自動で生成され、iタウンページからデータが取得されました!

取得したデータには以下の項目があります。

  • No.
  • キーワード検索
  • 地域
  • 件数
  • 会社名
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電子メール
  • URL
  • コメント
  • 電話番号 1
  • FAX番号 1

あとは、希望するデータに応じて、オプション項目を設定するだけで、縦横無尽にデータが取得できます!

元がエクセルデータなので、CSVに変換するのも楽勝ですね^^

詳細な設定方法は同梱されている「賢早くんRマニュアル.pdf」をご参照ください。

iタウンページの注意事項をいくつか

取得したデータはiタウンページの利用規約で二次利用が禁止されています。

自社のマーケティング等で利用する分には問題ありませんが、取得したデータを加工してサイトに公開したり、販売するのは規約違反になりますのでご注意ください。

なお、iタウンページのデータは販売されておらず、商用利用の二次利用をする手段は基本ありません。

自社の営業として、市場調査やテレアポ、DMリストとしての活用でしたら問題ないと思いますが、不安がある場合やどうしても二次利用したい場合は運営元のNTTタウンページ株式会社さんまで問い合わせしたほうが良いと思います。

正しく有効活用して、ビジネスにお役立てください!

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

-マーケティング

© 2014-2017 マーケティング