ruzyu.com_PC_In_main_top_468_60

ruzyu.com_SP_In_head_320_100

【知恵2の補足】「どう思われるか」が大事だけど、ゴマすりではない

投稿日:2015/04/08 更新日:

親愛なる子どもたちへ

【知恵2】実力も大切だけど、「どう思われるか」はもっと大事で、相手に良く思われるために、「ゴマをすったり」「おべっかを使う」ことをすればいいんだ!って、君たちが思ったら、それは父さんが考えていることと違うから、補足しておく。

どう思われるか、の中身も大事

相手が君たちのことを、「頑張っているなあ」「応援してあげたいなあ」と思われることってどんなことだろう。

それは、一所懸命でひたむきに、努力している、努力しようとしていることが感じられることだよ。

「ゴマすり」とか「おべっか」とか「機嫌とり」とか「お世辞を言う」とかっていうのは、ただ単に相手にとって気分が良くなることをする、ということなんだよ。君たちの真摯さ、姿勢が伝わるものではない。

 

例えばゴマすりだったら、君たちは今、野球をやっているよね。

監督に気に入られようとして、みんなには大して大きい声で挨拶をしていないくせに、急に監督にだけ大きい声で挨拶してみたり、普段はあまり道具の用意に遅れるような子が、コーチが見てる前だけ、率先して道具を用意したりしたら、おかしいと思わないかい?

いつも、誰にでも大きい声で挨拶する、いつでも率先して道具の用意をする、こういうのが、一所懸命でひたむきに、努力している、努力しようとしている、ということなんだ。

いつも誰かが見ていると思って行動しよう

誰かがいるからやる、誰々がいないからやらない、という姿勢だと一所懸命なひたむきさは伝わらない。

もし、そういう「サボる」「気を抜く」ようなことがあれば、少なくとも自分自身はわかるよね。

例えまわりに自分以外誰もいない、という状況でも、変わらず一所懸命に努力することを続けてみてほしい。

 

もしかすると自分が気づいていないだけで、そういう姿勢を見てくれている人がいるかもしれないし、見られていなくても伝わることがあると思うよ。

まだ小学生には難しいかもしれないけど、意識してやり続けることができれば、きっとチャンスに恵まれる人生が送れると、父さんは確信している。

父さんより

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

-父さんから息子たちへ

© 2014-2017 父さんから息子たちへ