ruzyu.com_PC_In_main_top_468_60

ruzyu.com_SP_In_head_320_100

知恵泉(ちえいず)吉野家元社長 安部修仁氏「言行一致」

投稿日:2015/04/18 更新日:

NHKの番組「知恵泉(ちえいず)」に出演していた吉野家の元社長である、安部修仁氏の「言行一致」というお話がとても印象深かったのでご紹介します。

部下の信頼を得るためには

番組内で、どうしたら部下の信頼を得られるか、という話題になった時のこと。

安部修仁氏は「言行一致が大切である」というようなことを述べておられました。

「言行一致」とは、読んで字のごとく「言っていることと、行っていることが一致していること」を言います。

逆は、「言行不一致」で、「言っていることと、行っていることが違う」ということですね。

「言行不一致」は最も、部下の信頼を得られないとも。

会社でもどんな組織でも、または家族でも上に立つもの、親が子に対しても、言っていることとやっていることが違ったら「なんだこいつ」と思いますよね。

マネジメント層、指導者たるもの、人には何か注意したり、取り決めを決めて指示したりしたにも関わらず、自分は守ってないとか、やってない、ということでは、誰もついてきません。

山本五十六はさらに「ほめる」

旧日本海軍軍人で、連合艦隊司令長官の山本五十六。

山本五十六の映画もたくさんありますし、数年前にも映画をやってましたので、ご覧いただいた方も多いと思います。私も映画館で見てきました。

山本五十六の『男の修行』というものに、以下があります。

「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」

言っていることとやっていることを一致させるのは基本として、さらに、上記のような姿勢で部下と接することで、部下の能力も発揮され、ひいては部下からの信頼にもつながっていくと思います。

ドラッカーの『マネジメント』では「マネージャは誠実であるべき」とあり、カーネギーの『人を動かす』では、とにかく「相手の立場に立った言動が人を動かせることにつながる」ということを様々な切り口で述べられています。

誠実さと相手の立場に立った言動。

部下の信頼を得るには欠かせないポイントですね。

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

-マネジメント

© 2014-2017 転職リスタート