ruzyu.com_PC_In_main_top_468_60

ruzyu.com_SP_In_head_320_100

今「だし」をちゃんととる人が急増中!だしのとり方をマスターしよう

投稿日:

今の時代、もはや共働きが当たり前になってきていますね。

主婦の方も毎日時間に追われ、忙しい日々を送っていることと思いますが、忙しくても家事・育児はこなさなければならないし、やりたいことも全然出来ないのでは?と、専業主婦の私からすると思ってしまいます。

料理も今は便利なものがたくさん売っていますから、例えばカット野菜であったり、混ぜるだけで炊き込みご飯ができたり、あえるだけでパスタが出来たり、スーパーのお惣菜もとっても豊富にありますね。

私も専業主婦ですが、野球で忙しいので結構頼ってしまっています。

そんな中、意外にも「だし」をちゃんととる人が、今すごく多いんだそうで。

忙しい主婦が増える一方で、そんな忙しい中にもゆとりをもって生きていくことを欲求する主婦が多く、今は本当にやりたいことや、本当に食べたい味などには、惜しみなく時間も手間もかける時代なのかな~と思ったりしました。

顆粒だしを使うのも時短の知恵ではありますが、でも「だし」をちゃんととったお味噌汁は格別ですよね。

今回は「だし」のとり方紹介したいと思います。

Photo By: Krista

基本的なだしのとり方

本当に基本的なだしのとり方です。

みなさん家庭科などで、一度は習ったことがあるのではないでしょうか?

<材料>

・削り節(2カップ)

・昆布(10cm)

・水1リットル

<作り方>

1.鍋に昆布と水を入れて1時間程度浸し中火にかけ、沸騰する直前に昆布を取り出す

2.1が煮立ったら削り節を入れ弱火で1~2分煮て火を止め、削り節が沈むまで置く

3.ざるに濡らしたペーパータオルを敷き2を注いでこす(ペーパータオルに残っただしは軽くしぼっても可)

これで「だし」の出来上がりです。

お味噌汁や煮物、だし巻き卵などなど、どんな和食にも使えますのでお試しを。

時間のない方向けだしのとり方

意外と簡単にだしはとれるとはいえ、やはり働いている主婦に方にはもっと時短な方法があった方がいいですね。

以前すっごく便利なだしのとり方を雑誌で見たのは、麦茶ポットに水出しで「だし」をとる方法。

基本のだしの材料全てを麦茶ポットに入れ、砂糖と塩を一つまみ入れ冷蔵庫に6時間以上置くだけ!

また、少量のだしが必要な時は、細削りの小分けパックになっている削り節を茶漉しに入れて上からお湯を注ぐだけ。

簡単でも、本格的なうまみや風味を味わうことができます。

この方法なら野球で忙しくても、だしからちゃんと作って料理が出来そうです。

また、自分でだしをとるのが難しいひとでも、今はスーパーで適当なだしを購入するのではなく、自分のこだわりのだしを厳選して購入する主婦の方が増えているんですよ。

美味しい味へのこだわりは一昔前の主婦よりも今の時代高いのかもしれませんね。

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

-料理

© 2014-2017 料理