ruzyu.com_PC_In_main_top_468_60

ruzyu.com_SP_In_head_320_100

Crayon Syntax Highlighterでコードを自動で折り返し表示させる方法

投稿日:2015/10/18 更新日:

WordPressのプラグインで、記事内にコードを掲載した際、見やすく表示させることができる「Crayon Syntax Highlighter」。
(※「Crayon」の読み方はクレヨンです)

通常は横幅いっぱい以上のコードは横スクロールで表示されますが、いちいちスクロールして見るのはわずらわしいので、表示幅で自動で折り返してスクロールなしでわかるようにする方法をご紹介します。

通常の表示

コードが横幅いっぱいよりも長いため、横スクロールが出現し、途中で読めなくなっていますね。

ひと目で分かりたいのに、いちいちスクロールするのはちょっと面倒ですよね。

自動で折り返しさせる表示

横幅いっぱいでコードを自動で折り返し表示させると、いちいちスクロールせずに、パッとコードの内容を見ることができるので見やすい!

※一見、改行されているように見えますが、左の行番号にもあるように、あくまでも一行を表示幅の右端で「折り返し」表示をしています。

Crayon Syntax Highlighterで、コードを折り返し表示させる設定

管理画面の「設定」から「Crayon」をクリックし、「一般設定」から「行」にある「Wrap lines by default」にチェックを入れて「変更を保存」をクリックして完了です。

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

ruzyu.com_PC_In_main_bottom_336_280

-WordPress

© 2014-2017 WordPress