AFFINGER4(アフィンガー4) カスタマイズ

AFFINGER4(アフィンガー4)でトップページに記事本文(エントリー全文)を表示させる方法のお問い合わせに対するご回答

AFFINGER4(アフィンガー4)』で、トップページに最新記事の本文全体を表示させる方法についてお問い合わせをいただきました。

このご回答については、いろいろと詳しく解説が必要であることと、似たような問題でお困りの方がいらっしゃいましたら、ご参考になるかと思い、個人情報や詳細なお問い合わせ内容を伏せた上で、本記事上でご回答させていただきます。

[widgets_on_pages id=”In_main_index_top”]

トップページに最新記事の本文全体を表示させる方法

アフィンガー4では、トップページに最新記事全体を表示させる設定は用意されていません

そのため、テーマ(テンプレート)をカスタマイズする必要があります。

具体的なカスタマイズ方法は、いくつかやり方があるのですが、どのやり方をとっても、何かしらの確認事項や新たな問題が発生しそうですので、前提条件や確認事項をクリアにしなければ、この場でサクッとお答えするのが難しいです。

ただ、参考になるページを2つほど発見しましたので、ご紹介します。

上記の一つ目で紹介されている方法は、「Stinger5(スティンガー5)」でのカスタマイズ内容となっており、スティンガー5はアフィンガー4と同じ作者さんが製作されているWordPressのテーマですので、理解しやすいと思います。

では、次に、なぜ「サクっとお答えするのが難しいのか」について解説します。

本カスタマイズ前に検討すべきこと

アフィンガー4では、「テーマのデフォルトの機能として、トップページに最新記事全文を表示させる設定が無い」というのは先に述べた通りですが、デフォルトに無い設定をカスタマイズで実現しようとすると、細かい部分で調整が必要になってきます

以下は、本カスタマイズによって考えられる、「別途調整が必要になりそうな点」です。

  • トップページの最新記事全文のデザインと、固有の記事ページでの見た目やスタイルが違う
  • トップページの最新記事全文では表示されているものが、固有の記事ページでは表示されない(パンくずリストやカテゴリ、SNSボタンなど)要素がある
  • 逆に固有の記事ページでは表示されているのに、トップページの最新記事全文では表示されていない要素がある
  • 記事中に適用されているプラグインの機能があっても、トップページの最新記事全文ではプラグインが適用されない、または挙動がおかしくなる(目次を表示させる「TOC」など)
  • トップページに最新記事以外のページへのリンクはどうするのか、ページャーは付けるのか

…などなど、軽く考えただけでも、上記のようなことが想定されます。これら以外にも予期せぬトラブルや問題が発生するかもしれません。

要はテーマのデフォルトで備わっていること以外のカスタマイズを施すと、それに連動した調整が必要になることがあり、「(完璧を目指そうとすると)カスタマイズがものすごく大変になるかもしれない」ということです。

はじめからこの覚悟を持ってカスタマイズに取り掛かるのでしたらいいのですが、このような想定をしていないままカスタマイズをすると、後々時間ばかりかかって大変面倒なことになりかねません。

同時に、このことと合わせて事前に検討すべきだと思われるのが、「そもそも、どうしてもトップページに最新記事全文を出さなければならないのか」という点です。

トップページに最新記事全文を出す必要性はあるのか?

そもそも論になってしまいますが、トップページに最新記事全文を出す必要性はあるのでしょうか?

確かに一般的な無料ブログでは、トップページに最新記事の全文が表示されている構成をよく見かけますよね。

ただ、トップページに新着記事一覧とその抜粋があったとしても、ユーザビリティを著しく損ねるというのは無いと思うのですが、いかがでしょうか。

トップページに最新記事全文がある構成で喜ばれるというのは、よほどのコアなリピーターさんが、毎日のようにブログトップを訪れるというケースですかね。

「絶対トップページに最新記事全文が無いと困る!」という状況が思いつかないのですが、そもそもトップページに最新記事全文が必要かどうかを再考してみてはどうかと思います。

まとめ

本当に今回のカスタマイズが必要なのかどうか、また、カスタマイズの際に様々な調整やトラブルが発生するかもしれない点も考慮してから、カスタマイズを実施するかどうかをご判断されることをオススメいたします。

個人的なアドバイスとしては、ここに時間をかけるより、カスタマイズについてはアフィンガー4の設定の範囲内にとどめて、記事を書くことに専念した方がアクセスアップになるなどの実益になると思います。

AFFINGER4(アフィンガー4)は、デフォルトの設定項目だけでも十分、ユーザーにとって使いやすく、見た目も素敵なブログが作れるテーマですので、まずはアフィンガー4を使いこなすところから始めてみてはいかがでしょうか。

POSTED COMMENT

  1. shigepons より:

    るーじゅさま

    ご丁寧に回答下さり感謝致します。
    無料ブログ出身者がwordpressの、しかもAFFINGERという高機能なテーマを手にして真っ先に壁に当たるのが今回の案件だったと今更ながらそう思います。
    しかしながら、よくよく考えてみれば、るーじゅさんのご指摘の意味がよく分かりました。
    トップページに全文を載せる意味は何か?と聞かれれば、確かに無料ブログのレイアウトに無理やりwordpressの仕様を合わせる事でしかありません。wordpressのSEO効果やカスタマイズ性に期待してWPを立ち上げたのに、これでは本末転倒というのが今回の記事を拝見して良くわかりました。
    私からの問いかけに対して、お時間をかけてしっかり記事にして頂き感謝申し上げます。

    記事の執筆に全力を注ぎたいと思います。

    この度は有難うございました。

    • るーじゅ より:

      shigepons 様
      記事の方に直接ご返信いただき、ありがとうございます。
      お役に立てたようで良かったです^^

      アフィンガー4に限らず、WordPressのカスタマイズにおいては、部分的な見栄えや表示に限定されるものと、比較的広範囲に影響を及ぼすカスタマイズがあり、いただいたお問い合わせ内容が、私の経験上、後者に相当しそうです。
      この場合、やってみると予期せぬトラブルや問題、さらにカスタマイズしたくなってくる箇所が多発して深みにハマることが多々あります^^;

      アフィンガー4は「アフィリエイト専用」と謳われているように、ブログの集客と成約率向上に重きを置いたテーマです。
      アフィンガー4の製作者さんのブログ内容を拝見すると、アフィリエイトにおいては大変に実績を出されているようですので、その方が「ブログで成果を出すのに最適なテーマ」として構造を設計し、リリースされているテーマであることから、まずはこの構造のままでブログを運用することが、結果を出すのに最短距離かと思われます。
      もし、トップページに最新記事の全文を表示した方が集客や成約率向上につながるのでしたら、最初からそのような構造になっているはずですよね。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です