子育て

夏休みや冬休み前に知っておきたい! 読書感想文の書き方

夏休みや冬休み前ってホントにウキウキしますね!

うちの子達も夏休み前はキャンプやお祭り海水浴を楽しみにしているようです。

ただ、休み中は宿題と読書感想文に追われるがちになるので、今回は読書感想文の書き方をご紹介します。

夏休みや冬休みの宿題って大変?

夏休みや冬休みには楽しい事ばかりじゃなく、計画的に進めていかないとあとで大変になる大量の宿題もありますね。

うちの子達が通っている小学校では、どんな宿題が出されているかというと、まず宿題プリント(長男は国語・算数・社会・理科、次男は国語・算数)と、自由研究、絵日記、読書感想文といった感じで、あとはお手伝いや早寝早起きのチェックする生活カードがあります。

まあ、大体どこも同じかと思いますが…。

この中で、うちの息子達が最も苦手とするのが、読書感想文です。

読書感想文の本の選び方

うちの子達の日々の宿題で、日記や作文を書くものがありますが、やはり文章能力がないなぁと感じること多々あります。

ただ、長男に関しては本を読むことは好きなようで、野球で忙しくなる前はよく図書室から借りてきては読んだりしていました。

自分が何に興味があり、どんな本を読みたいかというのはわかっているようです。

読書感想文を書くには、そこが一番大事とも言えます。

感想文を書くということを考えず、まずは書く本人が、興味があり、読んでみたい、知っている、聞いたことがあると思う本を選ぶことが大切です。

読書感想文を書くための考え方・例

読書感想文を書くためには、まず本をしっかり最後まで読み切らなくてはなりません。

書けそうな部分だけ読んで、読書感想文を書いたとしても、本をちゃんと読んでないな、と先生にすぐバレてしまいます(笑)

題名は最後に決めた方が良く、理由は内容がまだ出来ていないのに、題名を決めるとなると時間がかかるし、いざ決まったとしても、題名に沿った内容にしなくてはならないといった無駄な作業が増えてしまうからなんです。

本を読み終えてからのざっくりとした流れとしては、

  • まず自分が感じたことを全て書き出す
  • 書き出した内容を少しずつ膨らませる
  • 文章として繋げる

注意点は、あらすじや説明は書いてはいけません。あくまでも読んだ感想を書き出して下さい。

そして、なぜそう思ったか、作者が言いたいことは何か、何故そう言いたかったのかなどを加え、繋げていくとすばらしい読書感想文になると思うんです。

このようにして読書感想文をしっかり書けるようにして、宿題や家庭学習も遅れることなく計画的に進めていけるように頑張らせます(^o^)

written by しらゆき

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です